Categoriy/カテゴリ

2010年09月23日

偉大なバンド・・・、ミスター・チルドレン

そこそこな数の洋楽をご紹介して来ましたが、
勿論、僕にも邦楽で大好きなミュージシャンは沢山います。

このブログでは邦楽はこれだけご紹介してますが。

中学生の頃からずっと聴き続けていますが
Mr.Children(ミスター・チルドレン)
は僕の中で外せないバンドの一つです。

まあ、彼らの場合、相当多くの人が
ダイスキだと思いますが。

何と言っても桜井さんの作る歌詞とメロディは
間違いなく天才ですよね〜。

ミクシィ(MIXI)でも「桜井和寿(Mr.Children)」に
入ってます・・・
ミクシィではLe Soleilって名前で入ってるので、是非
宜しければ僕のマイミクに!

と言う事で、ここでご紹介するには
「この曲」ってのを選ぶのが非常に難しい
くらい名曲が多過ぎますが、

特に僕が好きな曲をご紹介してみましょう。


先ずは僕の中で究極のラヴソング・・・
「抱きしめたい」

携帯からはここからこの曲の動画へ

他の動画

携帯からはここからこの曲の動画へ

プロモはここから

この曲に関しては特に歌詞が良過ぎです。
ここまで情景がキレイに浮かんでくる詞は、そう書けないですよね。
曲を聴かずに読んでるだけで鳥肌立ちますね。
歌詞はここから

「抱きしめたい」はこのCDに

携帯からは




次に、
個人的にはメロディが超好きな
「Youthful Days」

携帯からはここからこの曲の動画へ

ライブは

携帯からはここからこの曲の動画へ

「Youthful Days」はこのアルバムに

携帯からは




曲は勿論だけどプロモが素敵すぎる・・・
「World's End」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「World's End」はこのアルバムに

携帯からは




カラオケで良く歌いますが
「I love you」って言葉を連呼するのって
ありきたりだと思ってましたが、こんな方法があったなんて、って思った曲で
「And I Love You」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「And I Love You」はこのアルバムに

携帯からは




この曲の歌詞もいいなあ・・・
「少年」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「少年」はこのアルバムに

携帯からは




と言うか、曲を紹介しながら
次から次に紹介したい曲が
ぽんぽん出て来てもどかしい・・・

これまでミスチルを聴いた事ない方も
是非聴かれてみては?

新曲
「Fanfare」

携帯からはここからこの曲の動画へ


ベスト版は

「Mr.Children 1992-1995」

携帯からは



「Mr.Children 1996-2000」

携帯からは




★★★索引リンク★★★へ・・・









posted by あきらん at 21:31| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記と告知/Diaries | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Song #106/ "Let's Dance"

これまでにも何度か曲をご紹介させて頂きました
David Bowie(デヴィッド・ボウイ)ですが
今回ご紹介する彼の曲は70年代のそれとは
かなり趣が異なります。

80年代にヒットした彼の曲
"Let's Dance"(レッツ・ダンス)を今回はご紹介させて頂きます。

高画質のプロモは"ここ"から

歌詞の日本語訳は"こちら様"から


携帯からはここからこの曲の動画へ

70年代とは相当な変わりようですね、
この頃のボウイはカルトなイメージを脱却して
ポップスターとしてシフトチェンジした時期でも
あると・・・
完全にダンスですもんね、これは。

この曲はこのCDにあります。




iTunesからこの曲の試聴や購入は(1曲でも購入可)
Let's

携帯からは



★★★索引リンク★★★へ・・・










posted by あきらん at 20:45| 熊本 ☁| Comment(0) | '80Pops&Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌上手すぎる・・・

ネットで偶然知ったのですが、森恵さんと言うシンガーソングライターの方がいます。
歌、超上手いです・・・
声が突き抜ける感じがしてとてもキレイです。

色んな曲をカヴァーされてますが、2005年にはデビューもされてるみたいで。
こう言う人を観ると刺激になりますね。
ライブが巧い!


「YELL」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「異邦人」

携帯からはここからこの曲の動画へ

Wikiでの詳細は"ここ"から

「歌うたいのバラッド」

携帯からはここからこの曲の動画へ

オフィシャルサイトは"こちら"


ちなみに・・・
森恵さんみたいなシンガーが好きな方はきっと
Eva Cassidyさんも好きかと思いますので良かったら
聴いてみて下さい。
Eva Cassidyさんの歌は"こちら""こちら"から



森恵さんのオリジナル曲CDは

「そばに」

iTunesで試聴か購入は
Sobani


「キミ」

iTunesで試聴か購入は
Kimi

携帯からは
「そばに」


「キミ」



★★★洋楽アーティスト別索引★★★へ・・・









タグ:森恵
posted by あきらん at 02:32| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記と告知/Diaries | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

Song #105/ "Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)"

突然ですが、皆さん
「吃音症」と言う病気をご存知ですか?

あまり馴染みのない病気だと思いますが、
平たく言えば「スムーズに言葉が出てこない」
「言葉がどもったり、詰まったりする」症状の
病気です。

詳しくはWIKI

しかし、この吃音症を克服し、
偉大なミュージシャンにまで上りつめた方が
いらっしゃいます。

ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

今回は、

Scatman John(スキャットマン・ジョン)のデビュー曲になった
"Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)"(スキャットマン)
をご紹介。

まずは聴いて下さい・・・

携帯からはここからこの曲の動画へ
上記が閲覧出来ない時はここから

歌詞の日本語訳はこちら様から
凄く良いメッセージの篭った歌詞ですね。
吃音についても触れているようです。

改めて聴くとかなり完成度の高い曲だと分かります。

彼は幼少の頃から、吃音症により人とのコミュニケーションに
難しさを感じ、14歳の頃からジャズに慣れ親しみピアノを
始めます。
彼にとってはピアノが人とのコミュニケーション手段
だったんですね。
暫くの間、ジャズピアニストとして生計を立てている
時期もありました。

WIKIによると・・・

彼は後に雑誌のインタビューで「あの頃は、殆ど誰とも
話せなかった。そんな僕にコミュニケーションの手段を
与えてくれたのはピアノだった。それで僕はホテルや
カフェのジャズ・バンドでピアノを弾いていたんだ。
でも僕は、しゃべることが怖かったのでピアノの後ろに
隠れるように演奏していた。僕が口を開けたらきっと変に
思われるだろうと考えていた。すごく恥ずかしくて内気
だった。」 と当時を回想している。

との事。(この記事はここから)

上記の記事にも書いていますが
「この曲は『吃音に悩む子供達が逆境を乗り越えるため、
元気を与えよう』というものであった。当初、このシングルの
勢いはさほどでもなかったが、徐々に売り上げを伸ばしはじめ、
最終的には殆どの国のチャートでトップを飾り、世界中で
約600万枚もの売り上げを記録するに至った。 そして数週間に
渡って全英トップ10に留まり続け、彼の名は一躍有名と
なったのである。」と・・・

苦労に苦労を重ね、成功を手に入れ、しかし
残念ながら1999年、曲がヒットしてから数年で
肺がんの為、亡くなられました。
儚いけど美しい人生だと思います。

しかし彼の吃音症で苦しむ人達に残した功績は
計り知れないと思います。

こういう芸術家がいた事を絶対に忘れては
いけないと思いました。

メドレーもあります。


笑福亭笑瓶とスキャットマンの競演・・・
貴重な映像。


この曲はこのCDに




iTunesからこの曲を視聴か購入(1曲からも購入可)
Scatman

携帯からは



★★★洋楽アーティスト別索引★★★へ・・・










posted by あきらん at 03:10| 熊本 ☁| Comment(0) | '90Pops&Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

僕の好きなバンド、ブランキー・ジェット・シティー

さて、
突然ですが
先ずは目と耳を凝らして下の2つを・・・

「サタデー・ナイト」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「ロメオ」

携帯からはここからこの曲の動画へ

僕が超超大好きな日本のバンド、
Blankey Jet City(ブランキー・ジェット・シティー)の
ライブ映像ですが、
両方とも途中でギターの弦が切れてギターを取り替えてますね。

しかも取り替えてからまたギターを弾き始める瞬間とか
観ていると鳥肌が立ちます。

カッコ良すぎて、トラブルの筈だった事が、結果的に
まるで演出だったみたいになってますね。

理屈じゃなく、兎に角カッコいいとしか言いようが
ない。

これもカッコいい・・・↓

「サリンジャー」

携帯からはここからこの曲の動画へ

「ガソリンの揺れ方」

携帯からはここからこの曲の動画へ

歌詞も歌い方もギターもドラムもベースも・・・
綺麗に見事に絡み合って何もかも完璧な感じがします。

もうかなり前に解散してしまいましたが
僕はこれからもブランキーをずっと好きでしょう。

ヴォーカルの浅井さん、
去年(2009年)のフジロックでは昔のブランキーのナンバー歌ってました↓

「ディズニーランドへ」

携帯からはここからこの曲の動画へ

彼らについて詳しくはこちら様

和やかなトーク映像

携帯からはここからこの動画へ

昔のインタビュー映像

携帯からはここからこの動画へ

彼らは日本にある数少ない「本物のバンド」だと思います。

ブランキーを知らなかった皆様も是非是非聴いてみて下さい。



iTunesで試聴(1曲からも購入可能)

ベスト盤(1991-1995)
Blankey
ダイレクトリンク

ベスト盤(1997-2000)
Blankey
ダイレクトリンク


携帯からは

ベスト盤(1991-1995)


ベスト盤(1997-2000)


★★★洋楽アーティスト別索引★★★へ・・・









posted by あきらん at 23:10| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記と告知/Diaries | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Category/カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。