Categoriy/カテゴリ

2010年01月10日

Song #47/ "Killing Me Softly With His Song"

さて、またまたジーンとくる名曲

"Killing Me Softly With His Song"(優しく歌って)

歌詞の和訳はこちら様から

Wikipediaよりこの曲に付いて解説
"女性シンガーのロリ・リーバーマン(Lori Lieberman)
が、当時まだ無名だったドン・マクリーン[3]が歌う"Empty
Chairs"という曲をロサンゼルスのクラブで聴いて感銘を
受け、"Killing Me Softly With His Blues"という詩を書
いた。これを元に作詞家のノーマンと作曲家のチャールズ
が曲に仕上げた。
1972年8月にリリースされたロリのオリジナルはヒット
しなかった。しかし、飛行機の機内BGMとして採用され
ていたこの曲をロバータ・フラックが偶然聴いて気に入
って歌い、彼女のバージョンが大ヒットとなった。リリ
ース後4週間で全米1位、1973年2月24日から5週連続で
ビルボード誌第1位を達成した。ビルボード誌1973年年
間ランキングは第8位。これにより、ロバータはグラミー
賞で最優秀レコード、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカル
の3部門を受賞した。
その後ロバータが歌ったものがネスカフェのCMソングと
して起用されたことでさらに有名になった。"

との事・・・

上記に書いてあるRoberta Flack(ロバータ・フラック)の
ヴァージョンはこちら

携帯からはここからこの曲の動画へ

Fugees(フュージーズ→ローリン・ヒルがヴォーカル)ヴァージョンは

携帯からはここからこの曲の動画へ

この曲のタイトルや歌詞に出てくる"killing"と
言う単語、

普通に考えたら"kill"は「殺す」と言う意味になりますが
「参らせる」と言う意味もある訳です。

邦題の「やさしく歌って」は、うま〜く
"kill"を訳すのを避けていますが、このタイトル
を綺麗に訳すのは難しですね〜。

それにしてもうっとりする大人の歌って感じです。



Tunesでこの曲の試聴かダウンロード
ロバータ・フラック - Killing Me Softly - Killing Me Softly with His Song

携帯からは?
ロバータ・フラック ヴァージョン


Fugees(フュージーズ)ヴァージョン



★★★索引リンク★★★へ・・・








posted by あきらん at 01:07| 熊本 ☀| Comment(2) | '70Pops&Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
^^ステキで興味深いブログですね
シーサーの rankingサイトで 貴方のブログを知りました。。
寒さも本番ですね。
今 年の 旅行の予定 はお決まりですか?
 私は FC2で下記の旅行関係のブログを書いてます。
■ttp://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
(注)■を小文字「t」に変えて下さい。
★ぜひ私のブログと相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman■livedoor.com
※■を@に変えて下さい。
(URLとブログ名を明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です〜
Posted by フロントマンで働く at 2010年02月10日 09:45
marc by marc 時計 オメガ シーマスター アンティーク http://www.advanceshopborderjp.biz/
Posted by オメガ シーマスター アンティーク at 2013年07月31日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Category/カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。