Categoriy/カテゴリ

2010年10月01日

「美しい恋人たち」

みんなは
「ロミオとジュリエット」が悲劇だって言う

だけど、本当はハッピーエンドさ

だって2人は
そばに寄り添って一緒に死んだから

それは世界で一番美しい恋人たち

シェイクスピアは
「純粋な恋は上手く行かない」って言う

醜い恋人たちは
お互い利害の一致で成り立って幸せさ

だから打算的だね

美しい恋人たちはお互いが「好き」ってだけで
幸せさ

だから純粋な火花みたい

打算が弱さから生まれて
人の醜さが浮かびあがる

本当はみんな自分を守るのに必死なだけかも

そんな事にも気がつかないで「自分が大人だと思ってる人たち」もいるさ

だけど
生きる為に自分を守るのか
自分を守る為に生きるのか
分かってるのかな

分からなくなってる事も分からなくなってるって知ってるのかな

そんな人で溢れてる時代さ

だから

みんなは
「ロミオとジュリエット」が嫌いなのさ

だって

死んだらお終いとしか感じないから

全部全部嫌いさ

何もかも、

弱さなんて無くなって欲しい

でも僕は、美しい物は信じる

儚いけれど
簡単に砕けるけれど

形なんか残っても意味が無いさ

記憶に美しさが残れば
それで良いさ

感覚が美しさを残すから
それで良いんだ

だって僕たち自身、
いつかは灰になるから
いつかは土になるから
いつかは空になるから

元気に生きているだけで
人間は既に幸せだから


*********************************************

僕のオリジナル作品たち・・・

「僕の詩について」
「もめみ」
「あぬも」
「もげろ」
「もしもし様」
「望郷の詩(うた)」
「無感の牧歌」
「もめみ」の実演
「美しい恋人たち」
「ずっと・・・」ライブ動画
「与える人」
「アルベール・カミュ」
「戦争論と愛と人」
posted by あきらん at 01:09| 熊本 ☁| Comment(0) | 僕が書いた詩と詞/My Original Poetry & Lyrics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

Song #109/ "American Idiot"

久々に2000年代の曲を・・・

今回はGreen Day(グリーン・デイ)の
"American Idiot"(アメリカン・イディオット)

彼らをご紹介するのは意外にも初めてです。

しかしながら、やっぱり、バンドは3ピースがカッコいいなあ〜
と思います。

シンプルなのがこれまたカッコ良い!!


携帯からはここからこの曲の動画へ

もしくは

携帯からはここからこの曲の動画へ

ライブは

携帯からはここからこの曲の動画へ

もう一個!

携帯からはここからこの曲の動画へ

Wikipediaによれば
「この曲が収録されているアルバムはブッシュ大統領や、
それを許したアメリカへの痛烈な批判も込められている。」
との事。

歌詞の日本語訳はこちら様から

ん〜、成る程。
僕がアメリカに住んでいた頃、アメリカの大統領は
ブッシュでしたが、地元のアメリカ人の友達でも、
ブッシュの事をボロクソに言ってる人いましたよ・・・。
話聞いてると確かに酷かったですもんね。
でもそれをアメリカ人は許してしまった。
そこが問題なんですね。

この曲はこのCDに




iTunesで、この曲のみ試聴か購入は
American

携帯からは





★★★索引リンク★★★へ・・・









posted by あきらん at 03:12| 熊本 ☀| Comment(0) | '00Pops&Rock,R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

Song #110/ "Seven Nation Army"

さてさて、気が付けば2000年代の曲のご紹介が
あまり出来てなかったので

今回も・・・
わりかし最近の曲行きます。

The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)の
"Seven Nation Army"(セヴン・ネイション・アーミー)です。

歌詞の日本語訳はこちら様から

彼らのデビューは1997年、男女一組のデュオグループです。
二人は兄弟であると当初は公式に発表されていたらしいですが
本当は夫婦だったとかそうでないとか・・・

いつも白と赤の組み合わせをバンドのイメージカラーとしており
強烈な個性を醸し出していますね。

この曲もダンスな感じで、やはり2000年代を感じさせます。
これがまた、オシャレなサウンドですね。

頭に残り易いリフが聴いていて、とても気持ち良い・・・


携帯からはここからこの曲の動画へ

↑で観れない時はこっち↓

携帯からはここからこの曲の動画へ

ライヴは

携帯からはここからこの曲の動画へ

他にも

携帯からはここからこの曲の動画へ

こんなものまで

携帯からはここからこの曲の動画へ

Audioslave(オーディオ・スレイヴ)によるカヴァーも

携帯からはここからこの曲の動画へ

この曲はこのCDに




iTunesでこの曲だけ試聴か購入は?
Elephant

携帯からは?




★★★索引リンク★★★へ・・・








posted by あきらん at 01:35| 熊本 ☁| Comment(0) | '00Pops&Rock,R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

Song #111/ "Brainstorm"

2000年代のロックシーンで非常に重要視されているバンドの一つ

Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)の
"Brainstorm"(ブレイン・ストーム)をご紹介。

日本語訳はこちら様から

iTunesでこの曲の試聴か購入は
Favourite

プロモは

携帯からはここからこの曲の動画へ

↑で観れない時は↓で

携帯からはここからこの曲の動画へ

Liveは

携帯からはここからこの曲の動画へ

他にも

携帯からはここからこの曲の動画へ

これもライブ!

携帯からはここからこの曲の動画へ

最後にこれも!

携帯からはここからこの曲の動画へ

確かに、重要視されるだけの事をしていると思います。
成功までにあまり時間がかからなかった為、「早すぎる」と
批判する人達もいたようですが、実際これは斬新な音楽だと
思います。

この曲はこのCDに




携帯からは




★★★索引リンク★★★へ・・・












posted by あきらん at 14:44| 熊本 ☁| Comment(0) | '00Pops&Rock,R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

Song #112/ "Everything In Its Right Place"

2000年代の曲紹介、まだまだ続きます。

今回はRadiohead(レディオヘッド)の
"Everything In Its Right Place"(エブリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス)

この曲はそれまでのレディオヘッドの音楽とは余りにも方向性が
違った為、「商業的自殺」とまで言われましたが、そんな予想とは
裏腹にアルバム「Kid A」は大ヒットし、新たな彼らの音楽の
方向性を打ち出しました。

深い世界に引き込まれるようなサウンド、
一度体験すべしですね。

iTunesでこの曲だけダウンロードは?
Kid

歌詞の日本語訳はこちら様から

レコーディングヴァージョンは

携帯からはここからこの曲の動画へ

↑で観れない時は↓で

携帯からはここからこの曲の動画へ

ライブは

携帯からはここからこの曲の動画へ

これもライブ!

携帯からはここからこの曲の動画へ

この曲はこのCDに




携帯からは




★★★索引リンク★★★へ・・・










posted by あきらん at 02:08| 熊本 ☔| Comment(0) | '00Pops&Rock,R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Category/カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。