Categoriy/カテゴリ

2010年05月02日

「望郷の詩」

澱み濁った光の向こうでワルツを踊っている。

華麗な足取りが無数の円を描き、

その小さな心が瞳を失って朽ち果てる。

壊れた機械が刻む時間の内側で、

突き刺さる感覚を呼び覚まそうとする時、

鼓動が孤独を増幅させている。

涙の雫が、

儚い光を放って何処までも落ちて行き、

小さな喜びへ到達する。

微細で繊細な指先の線が熱を放ちながら紡ぐ揺らぎが、

まるで喉を通る景色のように鮮やかだ。

何もかも終わらせてくれ…



*********************************************

僕のオリジナル作品たち・・・

「僕の詩について」
「もめみ」
「あぬも」
「もげろ」
「もしもし様」
「望郷の詩(うた)」
「無感の牧歌」
「もめみ」の実演
「美しい恋人たち」
「ずっと・・・」ライブ動画
「与える人」
「アルベール・カミュ」
「戦争論と愛と人」
posted by あきらん at 16:57| 熊本 | Comment(0) | 僕が書いた詩と詞/My Original Poetry & Lyrics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「無感の牧歌」

『自分』が分からない

『人間』が分からない

『世界』が分からない

『言葉』が分からない

『表情』も『空気』も
『色』も『心』も…

『痛み』とは『破壊』

『快楽』とは『創造』

美しい『破壊』

醜い『創造』

呼吸は永遠、
しかし何も吸い込めない

朽ちた涙が幾重にも積み重なり、その重みに耐えられず、

ただ激痛だけが寄せては返す

断続的か継続的か
減少か増幅か

それも分からない

全ての感覚が内面へ向かう

『生きる事』に負けてしまったと

ついに彼は告白した

銃弾は彼の額と脳を貫通する

彼は死んだのだろうか?

緻密に編み込まれた見事な螺旋も

彼の死を説明出来ない

むしろ『死』その物が

人間の理解を超えているようだ

人間は何ものにも追い付けない

喜びへも

涙へも

生へも

死へも

誰も追い付けない

誰もその手に

完全には掴みきれない

人間が感じる全ての物は本当に手に入ってはいない

指の間からスルスルと零れ落ちて消えている

全ては刹那の慟哭(どうこく)のよう

私はそれを認識するが

その知覚も『知覚』でしかない

全てはがらんどう

全ては空白

全ては抜け殻

全ては無

何もない

全ては『存在している』と言う知覚だけ

ある時…

私は太陽を見ていた

葡萄の蔦(つた)と

レモンの木を照らしている

その木の葉たちは照りつける日差しを和らげていた

爽やかな風が体を駆け抜け、

全身を覆い過ぎ去ってゆく

上を見上げると鷹が空中を舞っていた

水車の音は心地よい川のせせらぐ音と調和している

牧場では美しい花が咲いて微笑んでいる

私に話し掛けているようだ

やがて太陽は夕日になり古びたレンガの教会を赤く染めた

羊飼いが羊の群れを引き連れてゆっくりと歩いている

その景色は何か暖かいもので私の心を包んだ

教会の中へ行くと

牧師は私に金の林檎を渡す

優しい光は揺らぎながら私を祝福しているようだ

喜びの時

それは夢

命の伊吹が人間の値打ちを教えようとしている

涙が止まらないが

理由は分からない

優しさや愛を

人間は追い求める

それが夢でも

本当に存在しているかどうかは分からない

その知覚が

精神を揺らがせる

まるで幻が
幻を追いかけている

それが生きている現(うつつ)

ぼやけていた…

何もかもが

輝いていた…

全てが

違う世界は
この世界

一緒に消えよう

さあ…




*********************************************

僕のオリジナル作品たち・・・

「僕の詩について」
「もめみ」
「あぬも」
「もげろ」
「もしもし様」
「望郷の詩(うた)」
「無感の牧歌」
「もめみ」の実演
「美しい恋人たち」
「ずっと・・・」ライブ動画
「与える人」
「アルベール・カミュ」
「戦争論と愛と人」
posted by あきらん at 16:58| 熊本 | Comment(0) | 僕が書いた詩と詞/My Original Poetry & Lyrics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Diary:May/2nd/2010

更新出来ずに本当にすみませんでした。
ほぼ3ヶ月ぶりの日記となります。

僕が更新していない間にも沢山の方が
このブログを観て下さったみたいで・・・

なんだかんだで色々あって・・・

でも、また再会して行きます。
これからも応援宜しくお願いします。

新たに詩をアップしましたので
良かったら観てみて下さい。

「望郷の詩」

「無感の牧歌」

posted by あきらん at 17:33| 熊本 | Comment(1) | 日記と告知/Diaries | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

Diary:May/6th/2010

最近ハマりそうなものがあります・・・

ネットオークション。
激安オクってサイト見てたら
十何万のPCが¥3000で買えたり、

勿論入札するごとにコインを消費するので
失敗すれば銭失いになりますが
根気よくやって上手く行けば
家電製品を90%以上オフで買えるかも知れません。

おもしろいなあ・・・

posted by あきらん at 18:26| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記と告知/Diaries | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

Song #81/ "My Favorite Things"

Jazz では余りに有名なスタンダード曲

”My Favorite Things”(私のお気に入り)

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』のうちの一曲で
リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞。

歌詞の日本語訳はここをクリック

この曲のメロディーに惹き付けられる人、少なくないんじゃないでしょうか。
原曲は3拍子のワルツで一度聞いたら口ずさみたくなるような美しいメロディー。
色んなミュージシャンが歌やピアノなどのあらゆるヴァージョンでカヴァーしています。

先ずは最も有名なジョン・コルトレーンのから・・・


携帯からはここからこの曲の動画へ

続いて・・・
これ 絶対聴いた方が良いです。
歌って何だろうって考えさせられます。
ボビー・マクファーリンと言うジャズシンガーの独唱です。

携帯からはここからこの曲の動画へ

ピアノは・・・

携帯からはここからこの曲の動画へ

この曲もいつかピアノでマスターしたい物ですな。

この曲はこのCDが有名です。




この曲だけをiTunesで聴く
ジョン・コルトレーンヴァージョン
John Coltrane - The Very Best of John Coltrane - My Favorite Things

携帯からこの曲のCDを見るには


★★★索引リンク★★★へ・・・








posted by あきらん at 00:45| 熊本 ☁| Comment(0) | Jazz&Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Category/カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。